総量規制対象外のローンの審査と選び方

個人向けのカードローンの中では、銀行等のカードローンが総量規制と言われているものではない融資のローンとなります。銀行や信用金庫などは貸金業に分類されませんので、貸金業法のもとで営業されるわけではないことから、総量規制は適用されないことになります。そのため、年収の3分の1を超える貸付が可能となる場合がありますが、金利も低めに軽減されるために審査が慎重に行われることから、時間がかかることがあります。

しかし、銀行のカードローンであっても、平日であれば即日融資が可能なところも多いです。これは審査が甘いわけではなく、保証会社に消費者金融やクレジットカードの発行をしている信販会社が関わることで、迅速に行われるからです。消費者金融や信販会社は、個人にお金を貸してきた歴史が長いため、ある程度の基準が明確になっているからだと考えられています。

総量規制対象外のローンを選ぶ方は、金利の低さだけではなく、総量規制があると借り入れできない専業主婦の方も多いです。また、年金生活者や家賃収入などの不動産収入で生計を立てている方で、選ぶ方も多いです。申し込み用のフォームや商品の詳細を記載している概要の申し込み対象に当てはまるかどうかしっかりと確認しましょう。金融機関によっては、総量規制対象外のローンでも、職業がない方は申し込みができないと規定している場合がありますし、配偶者の承認が必要なこともあります。

貸金業で、個人向けの総量規制対象外のローンにあたるものとしては、おまとめローンがあります。返済を軽減するための、利用者が一方的に有利になるローンのため、年収の3分の1を超えても構わないとされています。金額が比較的大きくなりますので、新規でカードローンを申し込むよりも、審査が厳しくなることから、信用情報や返済能力によっては否決される可能性は高くなります。