弁護士に依頼した場合の任意整理の手続きの流れ

任意整理は借金問題を解決できる、債務整理の1つの方法です。
全ての借金を清算する事は出来ませんが、手続きを行う事で返済額を大幅に減らせます。

また、将来分の利息分を支払わなくて済むので、かなり金銭的な問題を解決出来るのです。
自分で任意整理の手続きを行う事は出来るものの、スムーズに借金を整理したいのであれば、弁護士に依頼する事をおすすめします。
法律のプロに依頼する事で、難しい債務整理も手続きが簡単になるのです。
ただ、依頼するにあたり気になるのが、手続きの流れです。
任意整理を任せた弁護士に依頼した場合の手続きの流れを事前にチェックしておけば、より安心して任意整理が行えます。

最初に行うのが債権者への受任通知書を送る事です。
この受任通知書を送り債務者が、債務整理を行う事を債権者に伝えます。
また、任意整理を行う為に必要な書類などを、債権者に送ってもらうため、最初に受任通知書を送るのです。
次は利息制限法による金利の引き直し計算を行い、どのくらい借金が減額するかを計算します。
この時、過払い金がある事が分かった場合は、過払い金の請求も行います。
その後、借金の返済計画を立てて、債権者との和解交渉に移るのです。
債権者との和解交渉で返済額などを決めれば、任意整理によって借金を整理でき、残った借金を毎月支払っていきます。

大まかな任意整理の流れは、このような手順で行うのが基本です。
金銭的に困っているのであれば、まずは弁護士に相談する事から初めてみましょう。