元本割れしない学資保険を選ぶコツ

子供の将来のために小さい頃から学資保険に加入しておくと、お金の心配をすることなく学校へスムーズに進学させることができます。便利な学資保険ですが、保険料と支払い期間によっては、元本割れになるリスクをはらんでいますので、慎重に計画を立てて加入する必要があります。
学資保険で元本割れにならない商品を選ぶコツは、余計なものが加算されない商品にすると、比較的安全に保険料の支払いができます。余計なものとは医療保険特約、育英年金などの、学業とは関係のないオプションです。確かに加入しておけば、万が一のときや将来子供が資金を必要としたときに安心ではあるものの、使う必要なく時間が過ぎれば、無駄な費用を支払う結果に終わります。
オプションはまた別に考えるようにし、学資保険ではとにかく学業のみを目的としたシンプルな商品を選ぶコツを覚えておくと失敗を防げます。
現在はまだ国内景気の回復が十分ではなく、保険会社としても受け取った保険料で、多くのお金を増やすことが困難になってきています。聞こえの良い言葉に惑わされず、シンプルに返戻率で比較します。
返戻率が100%を超えていれば、元本割れにならず、将来受け取るお金が支払いの合計額よりも増える結果になります。返戻率の計算式は、給付金の受取総額を保険料の支払い総額で割り、100をかけるだけです。給付金の受取総額とは、満期を迎えた時点で受け取れる保険料のことです。簡単な計算式ですので自分で行ってみましょう。