銀行キャッシングで即日融資は可能?

カードローンと言えば「即日融資」が1つの魅力となっていますが、この即日融資というサービスは主に「消費者金融系」で行われているものです。現在、ほとんどの消費者金融系キャッシングは即日融資を行っていて、早ければ申し込みから1時間程度で融資が完了することも珍しくありません。

しかし、消費者金融系キャッシングは「金利が高い」、「総量規制の対象となってしまう」と言ったデメリットが存在しているため、人によっては借りたくとも借りられないということも起こり得ます。これに対して銀行キャッシング(カードローン)の場合、「金利が低い」だけでなく「総量規制の対象外である」というメリットがあるので、より多くの人が融資を受けられる可能性があります。

もちろん銀行キャッシングの場合も即日融資を行っているところはあります。ただ、残念ながら銀行キャッシングの場合は消費者金融系キャッシングとは違って「一部の銀行キャッシングのみ即日融資に対応している状態」である為、申し込みの際はしっかりと対応しているかどうかを確認することが必要です。

また、一般的に銀行キャッシングは「審査難易度が高めに設定」されている可能性が高く、申し込みをしても契約に至らないケースも増えます。極端に高い審査難易度が設定されている訳ではありませんが、より可能性を高めるためにも「事前に他の人の申し込み体験談を確認する」と言った対策を講じておくと安心して申し込みが出来る様になります。

元本割れしない学資保険を選ぶコツ

子供の将来のために小さい頃から学資保険に加入しておくと、お金の心配をすることなく学校へスムーズに進学させることができます。便利な学資保険ですが、保険料と支払い期間によっては、元本割れになるリスクをはらんでいますので、慎重に計画を立てて加入する必要があります。
学資保険で元本割れにならない商品を選ぶコツは、余計なものが加算されない商品にすると、比較的安全に保険料の支払いができます。余計なものとは医療保険特約、育英年金などの、学業とは関係のないオプションです。確かに加入しておけば、万が一のときや将来子供が資金を必要としたときに安心ではあるものの、使う必要なく時間が過ぎれば、無駄な費用を支払う結果に終わります。
オプションはまた別に考えるようにし、学資保険ではとにかく学業のみを目的としたシンプルな商品を選ぶコツを覚えておくと失敗を防げます。
現在はまだ国内景気の回復が十分ではなく、保険会社としても受け取った保険料で、多くのお金を増やすことが困難になってきています。聞こえの良い言葉に惑わされず、シンプルに返戻率で比較します。
返戻率が100%を超えていれば、元本割れにならず、将来受け取るお金が支払いの合計額よりも増える結果になります。返戻率の計算式は、給付金の受取総額を保険料の支払い総額で割り、100をかけるだけです。給付金の受取総額とは、満期を迎えた時点で受け取れる保険料のことです。簡単な計算式ですので自分で行ってみましょう。

金を借りる上手な方法

金を借りる方法には、上手な方法と下手な方法があります。
下手な方法を使っていると、利息を余計に支払うことになりかねません。
上手な方法を使えば、利息を減らしてお得に金を借りることができます。

金を借りる上手な方法は、借りる金額を最小限にすることです。
借りる金額が少なければ少ないほど、利息の金額も減らすことができます。
余分に金を借りると利息も膨らんでしまうので、同じ金額を借りても返済額が増えてしまうのです。
ですから、金を借りるときは最小限の金額に抑えて、必要になるたびに借りるようにしましょう。

借りた金を返すときは、分割払いではなく一括にするのも上手な方法です。
分割にすると支払期間が延びてしまい、その分利息が増えて返済額も増えてしまいます。
借りた金を一括で返済するのは、難しいかもしれません。
しかし、最小限の金額しか借りないようにしておけば、一括での返済も苦しくはありません。
大金を借りたときも、余裕があるときは繰り上げ返済を利用するなどして、返済期間を短くするように努めましょう。

初めてキャッシングを利用するなら、無利息期間を有効活用しましょう。
キャッシングのサービスによっては、初めて借りる人を対象に無利息期間を設けているところもあります。
このサービスを利用すれば、期間内の利息は一切かかりません。
無利息期間内に完済してしまえば、借りた金をそのまま返すだけで良いので、上手に借りるためには活用したいサービスです。
今すぐお金が必要な時に消費者金融を利用する方法はこちら

弁護士に依頼した場合の任意整理の手続きの流れ

任意整理は借金問題を解決できる、債務整理の1つの方法です。
全ての借金を清算する事は出来ませんが、手続きを行う事で返済額を大幅に減らせます。

また、将来分の利息分を支払わなくて済むので、かなり金銭的な問題を解決出来るのです。
自分で任意整理の手続きを行う事は出来るものの、スムーズに借金を整理したいのであれば、弁護士に依頼する事をおすすめします。
法律のプロに依頼する事で、難しい債務整理も手続きが簡単になるのです。
ただ、依頼するにあたり気になるのが、手続きの流れです。
任意整理を任せた弁護士に依頼した場合の手続きの流れを事前にチェックしておけば、より安心して任意整理が行えます。

最初に行うのが債権者への受任通知書を送る事です。
この受任通知書を送り債務者が、債務整理を行う事を債権者に伝えます。
また、任意整理を行う為に必要な書類などを、債権者に送ってもらうため、最初に受任通知書を送るのです。
次は利息制限法による金利の引き直し計算を行い、どのくらい借金が減額するかを計算します。
この時、過払い金がある事が分かった場合は、過払い金の請求も行います。
その後、借金の返済計画を立てて、債権者との和解交渉に移るのです。
債権者との和解交渉で返済額などを決めれば、任意整理によって借金を整理でき、残った借金を毎月支払っていきます。

大まかな任意整理の流れは、このような手順で行うのが基本です。
金銭的に困っているのであれば、まずは弁護士に相談する事から初めてみましょう。

総量規制対象外のローンの審査と選び方

個人向けのカードローンの中では、銀行等のカードローンが総量規制対象外のローンとなります。銀行や信用金庫などは貸金業に分類されませんので、貸金業法のもとで営業されるわけではないことから、総量規制は適用されないことになります。そのため、年収の3分の1を超える貸付が可能となる場合がありますが、金利も低めに軽減されるために審査が慎重に行われることから、時間がかかることがあります。

しかし、銀行のカードローンであっても、平日であれば即日融資が可能なところも多いです。これは審査が甘いわけではなく、保証会社に消費者金融やクレジットカードの発行をしている信販会社が関わることで、迅速に行われるからです。消費者金融や信販会社は、個人にお金を貸してきた歴史が長いため、ある程度の基準が明確になっているからだと考えられています。

総量規制対象外のローンを選ぶ方は、金利の低さだけではなく、総量規制があると借り入れできない専業主婦の方も多いです。また、年金生活者や家賃収入などの不動産収入で生計を立てている方で、選ぶ方も多いです。申し込み用のフォームや商品の詳細を記載している概要の申し込み対象に当てはまるかどうかしっかりと確認しましょう。金融機関によっては、総量規制対象外のローンでも、職業がない方は申し込みができないと規定している場合がありますし、配偶者の承認が必要なこともあります。

貸金業で、個人向けの総量規制対象外のローンにあたるものとしては、おまとめローンがあります。返済を軽減するための、利用者が一方的に有利になるローンのため、年収の3分の1を超えても構わないとされています。金額が比較的大きくなりますので、新規でカードローンを申し込むよりも、審査が厳しくなることから、信用情報や返済能力によっては否決される可能性は高くなります。